好きなことを仕事にする辛さ

好きなことを仕事にする辛さ

少し脱線します。

好きなことを仕事にする」ということはとても素敵なことですよね?

中学・高校などで「体育」の授業が好きな科目だった方、多いのではないでしょうか。

実際、スポーツ系の専門学校はたくさんありますし、

体育系やスポーツ系の学部を増設している大学もたくさんあります。

しかし・・・・・・この業種・・・そこを卒業した方で、あまり長続きしている方をみません。

意外と長続きする方は、異業種から転職されてきた方や、全然違う勉強をされてきた方が

長く続いたりします。(完全に個人的意見ですが)

理由は・・・・。

ギャップ

よく勘違いされがちですが、スポーツクラブやフィットネスクラブにいると

毎日身体を動かせる!と思われるかもしれません。

実際は前にも書いたように、雑用のような業務も多々ありますし、

接客する時間はほとんどない・・・・・という日が多いと思います。

思っていた業務と違う・・・・・とよく言われます(笑)

体育会系の厳しさ

これは完全に感覚ですが、他業種より礼儀みたいな部分に厳しいと思います。

もちろん施設によって大きく異なると思いますし、

このご時世ですから、お酒をたくさん飲まされるなんてこもないです。

ハードな部活を経験していれば大して問題はありませんが、

「好き」なだけできてしまうと、この「礼儀・挨拶」のような意外なところで

怒られている方も多く見受けらます。

老い

はい、最近自分が感じます(笑)

と、冗談ではなく。

やはり、若い子の方が体力も元気もあります。

もちろん「継続は力なり」ですが、どんな継続しても老いはつきもの・・・。

自分が「スタッフの中で一番良い身体」や「自分が一番レッスンができる」だったはずが、

あっという間に若手に抜かれているなんてこともよくあります。

 

 

プライドが高い

自分を鍛える。ということは多少なりとも自分に自信がなければできません。

結構奥手だった子が筋トレを始めたら、急にオラオラ系になった・・・とまでは言いませんが、

キャラが変わる子も多いです。

なにが問題かというと、プライドが高い方は、あまり人の言うことを聞いてくれません。

聞かないというより否定しがちです。

職業柄一匹狼の方が多いので、しょうがないですが、まとめるのには苦労します。

 

かなり感覚が入ってしまいましたが、「好きなことを仕事にする」ということは

「好きなことだけして」とは大きく違います。

どの業種も同じことですが、勘違いとイメージが先行してしまう業種なだけに、

入社した子が辛さを感じる部分もあります。

 

 

未分類カテゴリの最新記事