ジムでシェイプアップ!

ジムでシェイプアップ!

今までいくつかジムにいるとよく聞かれることを書いてきました。

以前までの質問

ジムの利用者!

スタジオレッスンを受けよう!

ジムに行くときの服装

こちらもご参照ください。

上に並べた質問は大体が入会する前の段階でよく聞かれます。

今回は入るときというよりは入会後によく聞かれる質問、「痩せたいんですけどぉ・・・」

です。

多くの方が痩せたいと思い入会したはいいけども、何をしていいかわからない。

そんなお声が多いです。そして色々と間違った考えた方では目標にはたどり着けません。

そんなお悩みの手助けをさせていただきます。

シェイプアップとダイエット

同じじゃないんです。

ダイエットというのは、体調維持の為に、食事を減らすこと。

つまり、病気にかかってしまい、どうしても体重を落とさなくてはいけない。

しょうがないから食べるものを制限しよう!というもの。

シェイプアップというのは、健康・美容の為に運動や食事をコントロールして、

形状(見た目)を変えていきましょう!というもの。

結果同じように聞こえますが、

病気にかかっていない方が極端に食べるものを減らしても続きません。

もちろんダイエットが必要な方もたくさんいると思いますが、

シェイプアップで見た目を変える!ということは

身体の中身を変化させていくということでもあります。

ここでは「シェイプアップ」に注目して説明をしていきたいと思います。

ジムでシェイプアップ

せっかくお金と時間を使って、夢や目標を目指して入会してきました。

せっかくです。目標に近づけるお手伝いをさせていただきたいと思っています。

が、しかし、入会したことに満足してしまい来なくなってしまうことが多いです。

これではもったいない。というか忙しい、明日からやろう、はいけません。

やろう!という意思が芽生えてから入会すればいいのです。

入会した = 痩せる or 筋肉が付く わけではありませんよね。

使い方がわからない&何をしていいかわからない。

すっごく良く聞かれます。

遠慮なく聞いてください。バシバシ聞いてください。常にお待ちしてます。

しかし聞きにくい方もいますし、不慣れな方だとトレーナーが怖く見えると言われたことがあります。

まさに青天の霹靂。そんなことはありません。

むしろ筋肉が付いている人の方が、トレーニング好きってことですから、

ぜひぜひ聞いてください。

それでも聞きにくい方もいます。

最近のトレーニングマシンってとっても親切です。

マシンにどこを鍛えるか書いてありますし、大体正解の姿勢がイラストで書かれています。

間違った方向に動いてしまうことはありません。ご安心ください(笑)

有酸素運動

よく聞きますね。

ウォーキング・ランニング・スイミング・自転車などなど。

よく聞く「痩せるには有酸素運動」のやつです。

脂肪燃焼・体力向上につながりますよね。

30分走ったら、20分泳いだら・・・・なんて聞いたことありませんか?

たしかに痩せます。汗出てるから(笑)

有酸素運動のポイントはいかに無理なく、続けられるかです。

週に1回2時間ランニングするより、週に4回30分ランニングしてください。

「あ、身体動かす時間増えたな、よし!体脂肪燃やしちゃおう!」と

身体に思わせることが重要です。

有酸素運動の注意点

この有酸素運動、たしかに効果的ですが、気を付けていただきたいことがあります。

それは「空腹」です。

もちろんどんな運動するにも、多少栄養は補給しておいてください。

問題はそのあと、有酸素運動では糖質を多く使うので、

運動後にとってもお腹が空きます。

運動したから食べていいや!では元も子もありません。

失った栄養を補給することは大事ですが、ついついお腹が空いていると食べ過ぎてしまいます。

しっかりと運動前に補給すること、そして運動後は少し補給して後は耐えてください(笑)

無酸素運動(筋トレ)

無酸素運動、世にいう筋トレやダッシュのような動きです。

有酸素運動とは違い、痩せるというよりは、痩せる身体を作るのが筋トレ。

最近は男性でもマッチョは嫌という方も多いですし、

女性も筋肉は付けたくない方も多いです。

そんな皆さんご安心ください!

そんな簡単に筋肉は付きませんし、マッチョにもなりません。

そんな簡単にマッチョになれるならボディビルダーの皆さんは苦労してません。

ムキムキに筋肉を付けるには相当の負荷(重さ)を掛け続けなければなりません。

それでも気になる方、大きい筋肉だけは鍛えてください。

世にいう「ビック3」です。

脚・胸・背中ですね。

本来ならばフリーウェイトでバーベル持ってガンガン行きたいところですが、

急にそんなに無理しても続きません。

・胸 チェストプレス

・背中 ラットプルダウン ・ ローイング

・脚 レッグプレス ・ レッグエクステンション ・レッグカール

みたいな名前でマシンに書いてあります。

これを分けて行いましょう。

今日は胸、明日は脚、明後日は来れないからその次の日に背中をやろう!という具合。

大きい筋肉を鍛えることで身体の代謝が上がり、痩せやすい身体ができてきます。

もちろん少しづつ慣れてきますので、重さを上げたり、

近くのトレーナーを捕まえて違うマシンの使い方もマスターしましょう!

無酸素運動の注意点

有酸素運動同様に栄養は補給してください。

一気に力を入れる無酸素運動では急にクラっと貧血状態になることがあります。

気を付けましょう。

もう一点気を付けてもらいたいのが怪我です。

普段持たない重りを扱ってますので無理をしたりするとあっさりと関節を痛めたりします。

準備運動ではゆっくり伸ばすより、肩を回したりと屈伸したり、動きのある運動を入れましょう。

もちろん、トレーニング後はゆっくりと伸ばしてあげましょうね。

まとめ

理想的には筋トレで筋肉量を増やして、有酸素運動で脂肪を燃やしていきたいところです。

しかし、毎日トレーニングするのは大変かと思います。

まずは自分が一週間のうちに何日トレーニングできるかを計算していただきたいです。

その中で筋トレと有酸素を入れていくわけですが、

あまり通えない方、一駅前で降りて歩いたり、エスタレーターを控えたりするだけでも効果はあります。

また、自重でスクワットやプッシュアップ(腕立て伏せ)は自宅でもできます。

自分がスポーツクラブに行かないとやる気が起きないものorやりたいものを考えて、

うまく組み合わせていくことが良いシェイプアップに繋がります。

ジムをうまく活用していくことが大事です。

なにより無理をしないこと、長く続けることを意識してもらえるときっと目標に近づけると思います。

 

 

 

 

ジムカテゴリの最新記事