ジムで気を付けてもらいたい&お願いしたいこと

ジムで気を付けてもらいたい&お願いしたいこと

これからスポーツジムに通おうかと思っている方、通い始めた方、また通い続けている方。

どのようにしてジムを利用していますか?

トレーニングとは孤独なものです。一人で黙々と行うことが多いです。

一般的なジムであれば基本的にはフリーで使えるようになっていますが、

どうやっていいかわからなかったり、ルールやマナーがわからなかったりすると思います。

働いているスタッフとして気を付けてもらいたいことを

並べてみますので初心者の方、ベテランの方も通うときの参考にしてみてください。

 

 

トレーニングジムでのマナー

ジムで一番広く、目につくスペースですね。

ランニングバイクや筋トレのマシンが多数あるスペースです。

シューズは必須!

「ジムを使うのにシューズは必要ですか?」

良く聞かれます。

 

当たり前です!!!

とツッコミを入れたくなることも多いです。

トレーニングジムの中にはとても重い物が多いです。

万が一落ちてきたら痛いでは済みません。

占拠しないで!

マシンの種類は豊富にあると思いますが、同じマシンはたくさんありません。

順番待ちが起きているジムや、一つのマシンを利用する分数が決まっているジムもあります。

ついついボケっとしてしまいがちですが、利用したい人もいますし、

また長時間のお休みは効果も薄れてしまいます。

やると決めたらしっかりと追い込んで、きっちり休む、また追い込む!この繰り返しです。

汗を拭いてください。。。

マシン1台ずつにタオルが付いているところが多いと思います。

次に使う人のためにも利用後はそのタオルで拭いてからマシンを離れてください。

ただ施設によってはタオルが設置していないところもありますので要チェックです。

「設置してないからいいや・・・。」となってしまうと白い目で見られてしまうかもしれません。

重り(ピン)を元に戻して!

施設によってまちまちですが、

一番軽いところにセットしてある施設がほとんどだと思います。

自分が高負荷(重い重り)でトレーニングした後に重りを戻さずにその場を離れた後、

あまり慣れていない方が使うかもしれません。

慣れていない方は座ってそのまま始める方も多いです。

それが重く設定してあるとケガをしてしまいます。

初心者の方もですが、ベテランの方こそ配慮してあげてください。

 

フリーウェイトでのマナー

トレーニングジムに併設されているところがほとんどです。

基本的にはトレーニングジムと同様になります。

セーフティバーに注意!

フリーウェイトのエリアに置いてあるものにはセーフティバーが付いているものがあります。

万が一重さに耐えられなかった際に自分に落ちてきたりしないようにするための物です。

その日のコンディションによって上がる重さや回数は変化します。

必ずセットしてください。

場所取りはダメ!

あ、空いてる!と思って荷物を置いて、トイレに行ったりする方多いです。

トレーニングジムでも同じですが、使いたい人はいるかもしれません。

場所取りはNGとなりますのでご注意ください。

重りは「ちゃんと」戻して!

「ちゃんと」です!

ダンベルを戻す際にちゃんと台に乗っていなかったりすると

ちょっとした振動で落ちてきたりします。

例え1キロでも足に当たれば痛いでは済みません。

必ず重りを元に戻した確認もお願いします。

スタジオレッスンでのマナー

ヨガやエアロビクスなどたくさんのスタジオレッスンがあります。

女性の参加が比較的多い傾向にありますが、最近は男性も多くなってきました。

定位置はない!

トレーニングジムでも同じことですが、

毎回同じレッスンに出ていると、なんとなく「定位置」みたいなものが決まってくるようです。

しかしジムはそんなことを決めてはいませんし、色んな人に参加してもらいたいと思っています。

「ここは自分の場所!」みたいな揉め事はどうか勘弁してください。

インストラクターの指示に従って!

急に出て行ってしまう方がたまにいます。

お手洗いや水を飲みに行ったりしている方がほとんどですが、

何も言わずに出て行ってしまうと心配になります。

動きが多いレッスン等だと、戻ってきたときにぶつかってしまう危険性があります。

レッスンの開始時間は決まっていますので事前にお手洗いに行っておいてください。

水分もペットボトルや水筒で持ってきてください。

もちろん急に体調が悪くなったりした際は遠慮なく声をかけてくださいね。

ロッカー・浴室のマナー

トレーニングで汗をかいた後はシャワーやお風呂に入りたいですよね。

中には「今日はトレーニングはいいや」というお風呂だけの方もいます。

たくさんの人がいる上に、裸でいる方もいますのでより一層配慮しなくてはいけません。

携帯電話はNG

皆さん携帯電話を持っていますよね。

もちろん携帯電話でなくても大きな声で話したりすることはマナー違反ですが、

最近はどの携帯にもカメラが付いています。

自分はメールを確認しているだけでも周りの方からは撮影されたと思うかもしれません。

疑いをかけられてしまう可能性があることはやめておきましょう。

身体は拭いて!

もはや常識の範囲だと思いますが、

浴室やシャワーから出た後に身体を拭いてください。

床が濡れていては滑ってしまって危険です。

お持ち帰り厳禁!

もちろんアメニティのことですよ(笑)

うそでしょ・・・・。そんな人いるの・・・。

 

と思うかもしれませんが、ティッシュや綿棒、

施設によっては化粧水なども置いてありますが、

結構な頻度で持っていかれてしまいます。

会費を払っているんだから!と言われたことがありますが、

その理屈だと飲食店で食後、お皿を持ち帰って良いことになったりしますよね(笑)

あまりに持っていかれてしまうと

撤去せざるをえないこともありますので、やめてください。

 

最後にお願い

施設によって使い方やマナーが違うところもあると思います。

今回書いたことが必ず正しいわけではありませんが、

残念ながらどこの施設にもマナー違反の方はいます。

一般的な常識として、譲り合ったり声を掛け合ったりしてもらえるとありがたいです。

揉め事が起きたり、周りの方に迷惑がかかると退会させられることもありますので注意です。

施設独自のルールがあると思いますので気になったことはドンドンスタッフに聞いてみてくださいね。

 

ジムカテゴリの最新記事