水中運動のすすめ

水中運動のすすめ

今回はプールでの運動、「水中運動」について説明します。

スポーツジムに勤めていると、痩せたいがどうしたら良いかと聞かれることが多いです。

筋肉を付けたい方、ストレス解消したい方などなどいますが、

多くの方の入り口は、「体重を落としたい」ですよね。

このページでは水中運動の良い点と悪い点を書いていきます。

今までなんとなくプールに行っていた方、これからプールで運動したい方、

水中運動の知識を付けたい方などの知識になれば嬉しいです。

プールに行くときの持ち物は?

水中運動とは?

簡単に言えば「お水の中で動くこと」ですよね。

 

そんなことわかってるよ!

 

と思います。

復習になると思いますが水中運動では、

泳ぐ・歩くをメインとして、アクアビクス(エアロビクスの水中版)、

アクアシェイプ(格闘技の水中版)などなどがあります。

この水中運動のポイントは

大きく分けて4ポイントです。

・浮力

・水圧

・抵抗

・水温

水中運動には欠かせないワードになってきますので、簡単に説明していきましょう。

 

浮力

お水に入ったらプカプカと浮きますよね。

中には浮けないよ!

という方もいるかと思います。

そういう方は試しに思いっきり息を吸った状態で浮いてみてください。

必ず浮きます(あ、もちろん足は下がりますよ)

逆に思いっきり息を吐いた状態で浮こうとしても必ず沈みます。

 

かなり話がそれましたが、

水中では浮力によって体重が陸上の10分の1ぐらいになると言われています。(肩ぐらいまで浸かると)

そのため、高齢の方やリハビリ中の方、体重増加によって長く歩くと膝が痛くなる方でも

安心してトレーニングができます。

 

水圧

浮力と同様に中学校のときに習いましたね。

難しい計算式は理科の教科書を見直してください(笑)

 

ここでの水圧のポイントは

水圧とは表面全体にかかるもの

です。

そのため血管が圧縮されて、主に下半身に滞っている血液の流れが改善されるわけです。

脚が疲れてるなぁ・・と思う方、軽くバタ足で泳いだり、水中でウォーキングするだけでも

少し改善させれますよ。

抵抗

お水の中は動きにくいですよね。

そのため水中では陸上よりも多くのエネルギーを使います。

短時間でも効果が得られやすいですし、

動きにくいといっても転んで怪我をする可能性も少ないです。(溺れないでくださいね)

水温

プールや海で遊んだ後ってお腹空きません?

もちろん浮力・抵抗・水圧も関係していますが、

プールの水温は31℃ほど、人間の体温は低くても35℃ぐらいですよね。

そのため身体はヤバイ!と思い、体温を維持しようと頑張ってくれます。

新陳代謝が高まり、エネルギー消費につながるわけですね。

 

じゃぁプールでずっと歩いていればいいじゃん!

 

と思う方。

あまりに歩いているだけだと体温が下がりすぎます。

身体が冷えきって風邪ひいちゃいますよ。

適度に継続することがポイントですね。

 

デメリット(大変なこと)

色々検索したりすると良いことばっかり書いてありましたが、

どんなことにもデメリット(大変なこと)はあるに決まってますよね。

 

持ち物

ジムに行くだけならウェア上下、シューズぐらいで

そこまでかさばるような持ち物にはなりませんが、

水着・キャップ・ゴーグル・・・・あれ、そんなに変わらないか?

いえ、帰りの水着は濡れていて重くなりますし、

プールから上がったときには大きいバスタオルが必要になります。

プール用のセーム(タオル)があればまだマシですが、

荷物が多くなりますし、そのたびにレンタルしていてはお金がもったいないです。

また、女性はレジャー用(ビキニ)では利用できないところが多いです。

そのため新たに購入する必要がある方が多いですが、水着って結構高いんですよね。

 

 

お化粧&整髪料

どんなプールでもシャワーでお化粧・整髪料は落としてから利用してもらいます。

最近の男性用ワックスはサラッと落ちてくれるものも多くなりましたが、

女性は大変ですよね。

更にそこから自宅までの距離をすっぴんで帰るのか・・・・

もしくはもう一回お化粧をし直すのか・・・。

どちらにしても厄介な問題です。

 

まとめ

最初にお伝えしましたが、機能改善なら良いですが、

体型を変えた方が水着になるってけっこう勇気がいります。

そのためどうしてもやる気が下がってしまったり、今日はいいや・・・。

と思ってしまいがち。

 

しかし大丈夫。

マッチョの方はジムでガンガン筋トレしてます。

プールにいる方で、すごくいい身体の人はけっこう少ないです。

みんな目的は同じです。

プールに行けば必ず痩せるとか、必ず機能改善できる!とかは言いませんが、

要はやる気次第。

色々な方法を試してみるのは身体にも、心のリフレッシュにも良い効果があります。

行きにくいなぁ・・・・と思っている方。

最初の一回行ければ後はだいぶ行きやすくなると思います。

ハードルを上げているのは自分自身と思って、

勇気ある一歩をお持ちしております。

 

ジムカテゴリの最新記事