ジムに行くときの服装

ジムに行くときの服装

今回は、スポーツジムに勤めていて、とにかくよく質問されるランキング上位に入る・・・。

ジムに行くときはどういう服装で行けばいいですか?

についてお答えします。

この業界にいる方だと間違いなく聞かれたことがある質問だと思います。

なんでそんなこと聞くのかな・・・・と若いころは思っていましたが、

別の施設を使ったりすると、他人のウェアが気になったりするときもあります(笑)

慣れている人間でも思うので、使い慣れていない方はさらに気になりますよね。

まずは確認してみよう!

基本的にどの施設でもウェアが指定なんてことはありません。

では本当になんでもいいのか??

もしかしてもしかしたら・・・・・

細かなルールは施設によって定めているところもあるかもしれません、

念には念をいれて確認してみましょう。

 

ウェア

たぶんですが、自分のところのショップで商品を買ってほしい施設とかだと、

置いてあるメーカーや提携しているブランドを推したりとかします。

もしくは流行りのウェアをおススメしたり、

自分の好みでおススメしたり、だと思います。

とはいえここではっきりと申し上げたい。

 

 

 

なんでもいいです。(笑)

 

いや本当です。

 

 

スポーツ用のTシャツやハーフパンツって結構高いんですよ。

薄くて乾きやすいのに汗は吸ってくれたり高性能ではあると思いますけど

健康のため、シェイプアップのため、リフレッシュのために行こうと思ったのに、

わざわざ高いウェアを買うのではハードルが高いです。

品物から揃えたい方もいると思いますが、一回我慢しましょう!

通うことが習慣化してきて、さらに頑張りたいなぁ・・と思ったら買えばいいんです。

それに今では安くて丈夫で速乾性のある動きやすいTシャツやハーフパンツはたくさん売ってます。

実際スタジオのインストラクターやトレーナーでも、

ユニクロやGUで買ったウェアを着ている人もたくさんいます。

(もちろん自分も愛用しています)

ブランド品がいけないわけではありませんがとらわれる必要はありません。

シューズ

 

はい、ウェアに続いてシューズです。

はっきりと申し上げます。

なんでもいいです!(笑)

ただし、室内履きでお願いしてますので、室外履きとの兼用はNGです。

(24時間フィットネスとかだとそのままOKのところもありますよ)

昔使っていた体育館履きでもいいですし、あまり履かなかったランニングシューズを拭いて使ってもOKです。

普通に小学校の時に使っていた上履きを履いている人も見たことがあります。(もちろん1人だけですが)

そんなのないよ・・・という方。

靴だけは買ってもいいかもしれません。

これは個人的な意見ですが、足は一生物です。一生その足で立って、歩くのです。

安いから、かっこいいからと買ってしまうと、足に合いません。

スポーツジムに行こうと思って、脚、足首を痛めたりしてしまっては本末転倒です。

値段はそこまで高くなくても、合うメーカーや種類があります。

こちらもぜひ店頭で試し履きしてみてください。

持ち物

 

これもついででよく聞かれます。

実際は何もなくてもレンタル品で揃うので必要ありませんが、結構なお金がかかります。

そのお金で夕飯のおかずをバランス良く摂取する方がよっぽど経済的で、効果もあります。

レンタルしないとすると・・・。

  • ウェア
  • シューズ
  • タオル
  • 飲み物

ぐらいでしょうか。

ウェアとシューズは先ほど説明しました。

お風呂やシャワーがあるはずなので、バスタオルかスポーツタオル、

もし家に帰ってからお風呂に入りたい方は、汗拭き用のタオル(フェイスタオルぐらい)をお持ちいただければ

いいと思います。

飲み物は施設にも売っていますし、冷水機も大体あると思うので、空の水筒やシェーカーを持ってくればOKです。

もちろんその都度、冷水器まで行ってもいいですが、結構面倒ですし、レッスン中とかだと遠い可能性もあります。

 

注意点!

 

基本的に運動しやすい服装であればなんでも問題ありません。

しかし、シューズだけは必ず持ってきてください。

忘れてしまうとトレーニングができません。

シューズぐらいなくてもいいじゃん!!!という方もいますが、

万が一重りが足に落ちてきたりした場合は痛いでは済みません。

 

モチベーション(笑)

あえて(笑)にしました。

行く気があるから入会してるんだ!と思うでしょう。

が、しかし悲しいかな特に効果を実感することなく、

半年以内に退会される方が多いです。

 

とにかく、無理なく続けることが最優先です。

毎日行かなくていいんです。

まずは週に一回、慣れたら二回、楽しくなったら毎日来てください。

高いウェアを買っても、結果使わなくなって高級な部屋着になってはもったいないです。

荷物を持つのが面倒だからレンタルしよう・・・・間違ってませんが、

考えようによっては重い荷物を持ちながら歩くことだってトレーニングです。

 

まとめ

 

隣の芝生は青く見えるもの。

きっと近くにいる人のウェアはかっこいいでしょう。

しかしそんなことを気にする必要はありません。

気にせずマイペースに続けてくださいね。

 

 

 

 

 

ジムカテゴリの最新記事